ゼニカルで最後のひと押し

ゼニカルとは、簡単に言うと脂肪吸収阻害剤のことです。脂肪吸収阻害剤とは脂肪の吸収を阻害してくれる薬です。食事で摂取した脂分の30%を体外へ排出してくれるので、ある程度痩せてきた人や、体型管理が必要な方などにオススメです。

2016年07月の記事一覧

ゼニカルと緑茶と肥満について

肥満解消の治療薬としても知られているのが、ゼニカルの医薬品です。ゼニカルは世界的にも利用されているお薬であり、肥満症の治療にも世界で処方されている、効果の高いダイエット医薬品です。米国食品医薬品局のFDAという信頼ある機関でも承認している、オーリスタットの成分を含有しています。

食事をして体の中にいれた脂肪分をそのまま吸収させないで、一定の量を体外へと排出することができる医薬品です。食事を1度すると気には、その脂肪分の30%は便として体外へと排泄されます。脂っこい食事を食べる時には、無理な食事制限を必要とはしないことになります。

ゼニカルは脂肪成分への作用が得意ですから、炭水化物には対応はしていません。ご飯やパン類、砂糖菓子などが好きな人には、このお薬では痩せる効果は期待ができないことは、知識として知っておくといいでしょう。ですが油物の食事が好きな人なら、いつもの食事でゼニカルを飲むことで、理想の体重に徐々に近づいていける仕組みです。

ゼニカルを服用するときには、ビタミンも奪われがちになるので、マルチビタミンを飲んだり、野菜類を多めに食べたほうがいいです。健康的な肥満解消を目指すためにも、運動などとも合わせていくと、もっと痩せやすくなります。

日常的にできる健康的な肥満解消法として、日本人には馴染み深い、緑茶を飲むようにするといいです。特に運動前に緑茶を飲むのは良いタイミングであり、それによって脂肪燃焼が進む効果あるためです。ダイエットには有酸素運動が最適な活動であり、緑茶を飲んで体を動かすことで、優先的に脂肪が燃焼をされやすくなります。ホットな緑茶は内側からの温め効果があるので、内側が温められて代謝も高まります。

続きを読む