ゼニカルで最後のひと押し

ゼニカルとは、簡単に言うと脂肪吸収阻害剤のことです。脂肪吸収阻害剤とは脂肪の吸収を阻害してくれる薬です。食事で摂取した脂分の30%を体外へ排出してくれるので、ある程度痩せてきた人や、体型管理が必要な方などにオススメです。

2016年06月の記事一覧

痩せるサポートや生活習慣病の予防対策にゼニカル

ゼニカルは、肥満症の治療薬として米国の食品医薬品局に認可されている安心安全な医薬品ですが、日本では依然と未承認の為に個人輸入もしくは自由診療となってしまう医薬品です。ゼニカルは、通常のダイエットの様に毎日運動する必要も無く、加えてストレスの溜まる厳しい食事制限の必要も無く、基本的に食後1時間以内に服用するだけで食した脂質の約3割の吸収を阻害する医薬品であり、一般的にもう少し痩せたい人や体型維持における微調整などのダイエットサポートとして使用しています。ゼニカルは、日本国内で肥満症の治療に用いられている食欲抑制剤ほどダイエット効果は高くありませんが、長期間の肥満症の治療に高い効力があるとされ、メタボリックシンドロームの起因とされる高血糖症や脂質異常症、高コレステロールなどの治療や予防対策にも高い効果が期待出来ます。
ゼニカルは、消化器官で作用し体内の蓄積される事無く数日で体外に排出される為、食欲抑制剤の様に食欲を司る脳神経の中枢に作用する事が無く、薬物依存症や睡眠障害、肝機能障害等の非常に重い副作用も無く、単回の服用によるダイエットサポートから年単位の服用も可能な安全性の高い脂肪吸収阻害薬ですが、全く副作用が無い訳ではありません。
ゼニカルは、人為的に消化不良を引き起こしている為に下痢様相症状が発現するケースが多く、排便に未消化の脂肪が多く含まれる為に便意のセルフコントロール難しくなる副作用があるので、生理用ナプキンや成人用おむつの着用などの対策が必要です。又、脂肪が未消化のまま排出される事で、ビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンも排出されてしまう副作用がある為、ゼニカルの継続服用には栄養素不足をサポートするマルチビタミンやミネラルなどのサプリメントよる補給等の対策が必要です。

続きを読む