ゼニカルで最後のひと押し

ゼニカルで最後のひと押し

ゼニカルとは、簡単に言うと脂肪吸収阻害剤のことです。脂肪吸収阻害剤とは脂肪の吸収を阻害してくれる薬です。食事で摂取した脂分の30%を体外へ排出してくれるので、ある程度痩せてきた人や、体型管理が必要な方などにオススメです。

         

ゼニカルの脂肪吸収阻害の仕組み

ゼニカル 通販
↑ゼニカルのお求めはこのサイトから

ゼニカルの脂肪吸収阻害の仕組みは、胃液や膵液などの消化液に含まれる脂肪分解酵素トリアシルグリセロールリパーゼの作用を鈍化する事で、食事などにより体内に取り込まれる分子量の大きなトリアシルグリセロールを腸などの消化器官で吸収可能な脂肪酸とモノグリセリドへの遊離と分解を抑制し、約30%のトリアシルグリセロールの吸収を阻害します。遊離分解されなかったトリアシルグリセロールは、そのまま便として排出され、摂取カロリーが削減される事によりダイエット効果を示します。ゼニカルは、バイオアベイラビリティがほとんど無く腸の内壁でほとんど作用する為に、肝臓や腎臓などに蓄積される事無く医薬成分の99%以上が数日で排出され、重篤な副作用がほとんど無いとされています。その為、ゼニカルは安全性の高い肥満症の治療薬としてアメリカのFDAに認可され、年単位の長期服用が可能な医薬品とされています。しかし、ゼニカルは故意に消化不良を引き起こすので、服用当初は下痢様相の副作用が発現するケースが多く、排便には多くのトリアシルグリセロールが含まれ油状となっている為に、意図せず便が漏れ出したり、放屁と勘違いして便失禁してしまうなどのトラブルが多々あります。加えて、排出されるトリアシルグリセロールと共に脂溶性ビタミンやβカロテンなども排出され、溶血性貧血や皮膚乾燥症、肝障害、腎障害などを発症するリスクが高くなります。その為、サプリメントで不足する栄養素を補給する必要があります。ゼニカルの用法用量は非常に簡単ですが、血中濃度が半減するまでの時間が1時間から2時間と限定的為に食後1時間以内に服用する必要があり、食後1時間を超過して服用すると摂取したトリアシルグリセロールが遊離分解され吸収されてしまうので、ダイエット効果が期待出来無くなります。用法用量を守って服用する必要があります。

ゼニカルを飲んだ後気をつけること

ダイエットピルとして人気のゼニカルを飲んだ後に気を付ける事としては、2つの事に気を付ける必要があります。1つ目の注意事項は、服用中の便意のセルフコントロールについてです。ゼニカルは、主成分であるオルリスタットが胃液などの消化液に含まれる脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑制する事により、体内に取り込まれた脂質の分解を抑制し腸などの消化器官での脂質の吸収を抑制する効果があります。結果として、人為的に消化不良を引き起こし、摂取カロリーを約30%減少させます。オルリスタットの薬効により未消化の脂質は、そのまま便として排出される為に油状の柔らかい排便となる事が多く、気付か無いうちに肛門から漏れ出したり、放屁と間違えて弁失禁をするなど便意のセルフコントロールが困難になる副作用があります。その為、服用中は女性用の生理ナプキンや成人用おむつなどを着用するなどの対応が必要です。又、服用中は、便の臭いが強くなる事が多くあるので、特に女性は放屁に気を付ける必要があります。2つ目注意事項は、脂溶性ビタミン類などの栄養不足についてです。ゼニカルは、脂質の吸収を阻害する為に摂取した脂質の約30%をそのまま便として排出しますが、同時にビタミンAやD、E、Kなどの脂溶性ビタミン類も一緒に排出してしまう副作用があり、月経不順や血行不良、肩凝り、骨粗しょう症などの症状を引き起こす恐れがあります。その為、ゼニカルの長期服用に際しては、脂溶性ビタミンやミネラルなどの栄養素不足分をサプリメントなどの服用で補う必要があります。サプリメントの服用は、ゼニカル服用から2時間以上の間隔をあけて、ゼニカルの影響を極力受け無い様にします。

ゼニカルを飲まない方がいい場合

ゼニカルは食事前、または食事の最中に飲む医薬品です。ダイエット系医薬品として評判が良く、みんなと同じ料理を食べながら、カロリーだけをダウンさせられます。1日1錠ではなく、一度の食事ごとにゼニカル1錠を飲まなくてはいけません。24時間の間に飲めるのは最大3錠までですので、基本的に朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんのタイミングで飲みましょう。脂質だけを上手くカットする薬効を持っていますので、ダイエット以外にも糖尿病や高血圧症を未然に抑制する効果もあります。ただゼニカルに限った注意点ではありませんが、お薬の仕様上、飲まない方がいい場合が存在します。ゼニカルの薬効はあくまで余分な油をカットするものです。油を多く含む料理であるフライや天ぷら、中華料理、イタリアンなどを普段から頻繁に食べている方には極めて良いダイエット効果を出しますが、一方で白米や和菓子、洋菓子などで体重を増やしてしまっている方には効果が薄いです。なぜなら、白米や和菓子などは高カロリー食ではあるものの、油のカロリーはほとんどなく、炭水化物と糖質によって太らされているためです。そのため、大雑把に言えば和食派の人間がゼニカルを飲んでも、油カットの効果があまり体験出来ず、副作用だけに悩まされます。ゼニカルにはおならの頻度が増えたり、トイレに向かいたくなる回数が増える等の副作用があります。油中心の料理が好きな方も、例えば普段から外出や旅行が多い方は、ゼニカルの服用に適していないです。特に飲み始めた頃はゼニカルによる変化を強く感じてしまいますので、トイレが自由に出来ない外出が多い方は、飲まない方が良いでしょう。平日の多忙な時期ではなく、夏休みや正月休みになれば落ち着いて服用出来ますので、時期を見極める事が大事です。